3Dプリンターハイブリッド造形

装置仕様など

OPM250L 仕様についてOPM250L 仕様について

寸法図・仕様

寸法図・仕様拡大して見る

寸法図・仕様拡大して見る

本 機 最大造形寸法(幅×奥行×高さ) 250×250×250mm
X軸ストローク 260mm
Y軸ストローク 260mm
U軸ストローク 260mm
造形タンク内寸(幅×奥行) 290×290mm
スピンドルZ軸ストローク 100mm
最大粉末供給質量 90kg(マルエージング鋼)
窒素供給能力 32NL/min
機械寸法(周辺機器含まず) 1870×2230×2055mm
機械質量(周辺機器含まず) 4500kg
レーザー レーザー方式 Ybファイバーレーザー
レーザ波長 1070nm
レーザー最大出力 500W
レーザースキャン ガルバノ方式
主軸
自動工具交換装置
主軸最大回転速度 45000min-1
主軸最大トルク 0.8Nm
ATC本数 16本
ツールホルダ方式 2面拘束ホルダーHSK-E25
NC装置
LN2RP
制御軸数 XYZU主軸+B
同時制御軸数 最大4軸
最小設定単位 0.1μm
最小駆動単位 0.031μm
オプション 3灯式シグナルタワー
外部トランス
エアドライヤ
エアタンク
三相入力線
焼きばめ装置(ヒートロボ)
材料制限蛇腹
脱磁器
工業用真空掃除機

装 備 品

  • 高速主軸、CCDカメラ

    高速主軸、CCDカメラ

    高速ミーリングに仕様する主軸は
    45,000min-1のスピンドル搭載。
    CCDカメラはレーザーの一補正に
    使用します。

  • 自動工具交換装置(ATC)

    自動工具交換装置(ATC)

    スピンドルとマガジン間の工具のやり取りを自動で行う装置です。マガジンには最大16本の工具がセットできます。

  • 自動工具長測定装置

    自動工具長測定装置

    スピンドル基準面から工具先端の距離を
    測定する装置です。

  • 工具取り替えエリア

    工具取り替えエリア

    自動工具交換装置(ATC)マガジンへの工具をセットするためのエリアです。

  • Ybファイバーレーザー(500W)

    Ybファイバーレーザー(500W)排気口

    金属粉末を焼結するためのレーザが
    照射されます。加工エリアの排気口です。

  • 窒素ガス発生装置

    窒素ガス発生装置

    加工エリア内への
    窒素ガス供給を行います。

  • リコータ

    リコータ

    テーブル上に金属粉末を撒きならすユニットです。

  • 加工テーブル

    加工テーブル

    レーザー焼結対象となるベースプレートを固定し、必要高さにベースプレートを設定する機構を有しています。

  • 粉末供給量調整機構

    粉末供給量調整機構

    造形物が小面積の場合、リコートする
    エリアを制限する機構(オプション)です。

  • 材料供給装置

    材料供給装置

    リコータヘッド内へ金属粉末を供給する材料タンクです。上部のポッド(2本)に材料を充填しタンク上部にセットすることでタンク内へ材料が補充されます。

  • 使用済み材料収集バケット

    使用済み材料収集バケット

    加工後に加工テーブルに残存している材料を回収するためのバケットです。